ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) お笑い処(動画)
テキストがない研修 タブラ演奏(動画) TOSHI流 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





本当は「練習は不可能を可能にする」。小泉信三さんの有名な言葉。
この言葉に何度救われたか。練習さえすれば必ず結果は出る!これで長年やってきた。
では今回、「練習」ではなく、なぜ「落語」なのか。
それはね。
スピーチやディベートに限って言えば、「落語」さえ練習すれば必ず結果が出ると言いたいから。

昔、ACCJのトーストマスターでロバート・ライカさんにこういわれた。
「TOSHIはなんで苦しがって、英語のスピーチをしているのか? 日本語のほうはできるのか?」
ぼくは返事に詰まった。実は日本語スピーチの勉強をしていなかったのだ。この言葉に発奮。
すぐに江川ひろしの話し方センターに通い始めた。3年目には10万円もだして「直伝コース」へ。
江川ひろしが直々教えてくれる。わなわなわな(緊張からの震え)。なにか最終日には巻物をくれて
そこには「江川家話し方秘伝」が書かれているらしい。 巻物はくれなかったが初代師範代として、
直伝コース代表の座を勝ち取り、いざ大会へ。
その時のスピーチはこの頁にあるテープで聞いてください。(音が出ます)
ついでにテクニック専科の時のスピーチも聞いてくださるとうれしい(音がでます)
さすが江川ひろしは名人。世の中ひろしといえどもあれだけ「間」の取り方のうまいひとはいない。
それと言うことが禅的。間がないことを「間抜け」という。喝!

そうかぁー「間」かぁー。人間も、「人」と「間」と書くしぃー。そー言えば「落語」も間だなぁー。
昔、ラジオでよく名人の噺をきいたけど、「間」をとって聞かせていたよなぁー。
こども心にも「うめぇーなぁー」と思ったもんだ。江川さんのところにも桂小金冶さんなど落語家がゲストできて模範スピーチを見せてくれる。よーし。やったるで。落語の練習。まず、「時そば」から。
テープにとって毎日散歩のとき練習。そばを食うとき音を出して美味そうに食うしぐさ。
これをマスターするのに1ヶ月かかった。照れないで、面白い顔ができるようになった。
それをひっさげてトーストマスターで英語落語のスピーチ。受けたぜ、ベービー!充分「間」を取った後、そばをすする。ズルズル。「ずるずる音」を聞く米国人の顔。爆笑と困惑。
それを見たとたん自信がついた。これからズルズルいこうと!

それからのぼくはすばらしい評価を貰うようになった。
TOSHI IS FUNNY!
TOSHI IS A COMEDIAN !
TOSHI IS “MA” JIN !
それ以来、数々のコンテストなどで落語っぽい英語を
話してズルズル「落勝」。わーい!

落語に「落ち」がないとどうなるんだい?

「そりゃー 落ちつかない」

バサッ!(座布団一枚抜き取られる音)
2006年



 エッセイ集