ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) ロータリー留学
仮説と検証 Haruo&Happy(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





写真は1人の高校生が壇上でスピーチをしているところ。
彼にとって初めてのコンテスト。
緊張した面持ちのスピーカーと対照的なのが一番前で楽しそうに
おしゃべりをしている二人。
スピーカーは一生懸命話しているのに、ぜんぜん聞いていない。
よほど話がつまらなかったのだろう。
この真面目スピーカー、実はぼく。あれから、50年近く経つ。

何故こんな昔話をしようと思ったか。それは、英語スピーチコンテストで
ジャッジをしたからだ。
ジャッジはコンテスト終了後、入賞者を決め発表する。その後出場者に、
コメントやアドバイス。
何故あなたは入賞できなかったかを述べる。時には涙を浮かべて
抗議をするひとがいる。
気持ちはわかる。だが判定は相対的なもの。いくら上手くてもそれ以上に
上手な人が出てくれば、勝利の女神は微笑まない。ぼくのアドバイスは一言。
「継続は力」。英語でいうと「PERSISTENCE」
何十年と波は押しては返し岩を襲う。
でも岩はびくともしない、だが100年も経てばごつごつした荒々しい表面も
滑らかになってくる。根気。これでなんとか生きてきたように思う。続ける。
皆が辞めても続ける。一人でも続ける。続けると決めたら続ける。

人を笑わせるスピーチが出来るようになるまでに40年かかった。
クリックすると40年後のTOSHI が現れます。悔しさを胸に秘め、やっとコンテストで優勝。その時、はじめて「悔しさ」に
乾杯した。心の支え。
それは「PERSISTENCE

継続は力

  10年 偉大なり
  20年 畏るべし
  30年 歴史なり
  50年 神のごとし




 HOMEへ