ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) お笑い処(動画)
テキストがない研修 タブラ演奏(動画) TOSHI流 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





「日本の学生は弁論家としては世界一とはいえません。
それは国民性の問題というよりもディベートのやり方に問題があるからで、改善の余地はあると思います。
イギリス式ディベートは完全無欠だとはいえませんが少なくともイギリスには、デモステネス(Demosthenes.384?〜322BC)やキケロ(Cicero106〜41BC)等古代ギリシヤ、ローマの雄弁家から学ぶ古典教育に根ざしたディベートの長い伝統があります。
ちなみにこの古典教育こそ、イギリス民主主義の大もとなのです」

シェイクスピア研究家として有名なピーター・ミルワード教授の著書「ディベートのすすめ」英友社の中で述べている文を抜粋した。
この文を読んだとき、アメリカ人の女子留学生の言葉を思いだした。
大学時代ESSに入っていたぼくは彼女にディベート試合のジャッジを依頼。
どんなコメントを聞かせてくれるかなと楽しみにしていたら...


試合後、彼女はこういったのだ。「英語が速くてよく意味がわからなかった。日本式英語だから、日本人にジャッジしてもらったらどうか....」ぼくはびっくりした。
日本人の英語がいくら速くても、自分には充分理解できたからだ。
しかし、NATIVE SPEAKER からみると?らしい。

これが「現実」かぁー ガクッ(うな垂れたとき首が鳴る音)それからぼくはESS英語から距離をおくようになった。
日本式英語。
日本式ディベート。
ぼくらは何でも加工して「日本式」にしてしまう。
これはメリットなのだろう...
国内で、日本人同士で評価しあって、使っている分には。


だが一歩、国外にでたら...これでは通じない。
ミルワード教授は続ける。
「イギリスのディベート − 少なくともイギリスでの伝統的やり方 − ではユーモアはなくてはならないものとみなされています。
論理に対する擁護論であろうと反論であろうと、明晰な論理と確固たる事実をうまく組み合わせて自分の主張の正しさを主張するだけでは十分ではありません。
イギリス人の聴衆の心をつかむには、論理や事実で押すよりも、ウイットやユーモアを使うのが一番です」

わかるなぁー これ。 英米の政治家は必ず聴衆を笑わせてくれるもんなぁー

そこで提案。
そろそろ、どうだろう...
日本でも本場の英国式ディベートを素直に真似してみては...
英語は日本的発音でいいから、大きな声でゆっくりしゃべる。そうすれば日本式英語でも十分通じる。
ディベートはこの「ディベートのすすめ」の本のなかでも取り上げているような題で遊ぶのだ。

そして「落語的発想」でぶちかましてみては...

  ・ Students Should Be Serious (学生は真面目であるべきだ)
  ・ Cats Make Better Pets than Dogs (猫は犬よりペットに適している)
  ・ Busybodies Aren’t So Bad (おせっかい者はそれほど悪ではない)

ディベートの目的は、学校のスポーツと同じで実生活のための予行練習。
スポーツは肉体を、 ディベートは頭を鍛えるため。そしてユーモアのセンスを身に付けるため。
このことを今一度肝に銘じたい。

ユーモアのないディベート、ハンターイ! ノーモアヒロシマ、ノーモアディベート !

2006年


 目次へ