ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) ロータリー留学
仮説と検証 Haruo&Happy(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





ベストセラー「国家の品格」藤原正彦著の中にこんなくだりがある。(P4−P5)

“同じアングロサクソンとは言っても、アメリカとはまったく違う国柄だったの
です。そこでは論理などより、慣習や伝統、個人的には誠実さやユーモアの
方が重んじられていました。改革に情熱を燃やす人も少しはいましたが、
「胡散臭い人」と見られているように感じました。紳士たちはそのような人を「ユーモアに欠けた人」などと遠回しに評したりします。イギリスから帰国後、
私の中で論理の地位が大きく低下し、情緒とか形がますます大きくなりました。
ここで言う情緒とは、喜怒哀楽のような誰でも生まれつき持っているものでは
なく、懐かしさとか、もののあわれといった、教育によって培われるものです。形とは主に、武士道精神からくる行動基準です“

うーん。やっぱりそうか。ぼくは嬉しくなった。エッセイで何度も書いた
ミルワード教授の話、即ち「論理だけでは、人を説得できない。イギリスでは
ユーモアが大切」がここでも裏付けられたからだ。イギリスではユーモア。
それでは日本では論理に優るものは何か。藤原さんはそれを日本人の「情緒」
だといっている。一貫して国語の重要性を説いている。英語を学ぶより国語。
「一に国語、二に国語、三、四がなくて五に数学」というほど国語教育の重要性
を持論にしている。全く同感。翻って、今のディベート教育を見てみよう。
そこではものの見方や考え方、ディベーターの教養や哲学、ユーモアのセンス
を問う「価値ディベート」はX。論題が難しい社会、政治についての「政策ディベート」は〇というような風潮がある。後者は証拠集めと数字を羅列、論理一辺倒で「おー 官僚の発表か」と言うようなディベートがもてはやされている。
藤原さんのいう「教育で培われた情緒」「国語力」は殆ど無視されているのだ。

ぼくはこう思う。日本語でディベートをするなら、まず国語力。語彙を増やす
ことが必要。読書徹底、作文練習。ディベートの前に「読書と作文」に力を
入れる。読書した内容をもとに「英国式の価値ディベート」。社会では
社会問題をテーマにした「米国式の政策ディベート」を練習したらどうか。
ついでに言うと、英語教育は良質な英文や詩句の「丸暗記」と「暗誦」が
一番有効。

2007年


 HOMEへ