ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) ロータリー留学
仮説と検証 Haruo&Happy(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





「もう少しゆっくり、落ち着いて食べてください!」「なにかわたしまであせっちゃって、ご飯が喉につかえそうになります....」うちの山の神、キヨコの叱責。
今、家の中で一番の早食いは犬のハッピー。次にぼく。あとは猫ども4匹が続く。
猫は卑しくて、缶詰の中に手をつっこんだりしているから、終了までに時間がかかる。

昔は食いながら話をしたり、ゆっくりたべると怒られた。
黙々と食う。
ひたすら食う。
まずくても、味噌汁と一緒に掻きこむ。
おかずが無くなっても沢庵をぽりぽり噛みながら、卵入り味噌汁をぶっ掛け、音を立てて喉に中に流し込む。
「木枯らし紋次郎」を見たとき「俺だ !」と叫んだ。
「お百姓さんが汗をながして作った米、一粒も残してはいけません」時折、明治生まれの母が静かに諭す。


昭和19年の生まれ。子どもの頃の食卓は貧しかった。
米、味噌汁、おかず一品、たくわん、番茶。
おかずは塩鮭か鯵の干物、コロッケの類。
肉はほとんど食えなかった。
テレビがでてきた頃から食卓にもあがってきたように思う。
裸電球の下でちゃぶ台を囲む。
黙々と食べる。
だから、子どもでも5分くらいで終わる。
そんな習慣が10年も続くと体に染み込み、くせが直らないのだ。
写真は隣の光ちゃん(左側)と早食いして、ほっとしているところ。
今、光ちゃんは「糖尿病」、ぼくは「メタボ」。

2007年



 エッセイ 目次へ