ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) お笑い処(動画)
テキストがない研修 タブラ演奏(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





31歳のとき、ミキモトから米国の葉煙草会社に転職。その後20年間近く、
楽しく勤めあげたので、転職は成功だったと思います。よく「転職のコツ」に
ついて聞かれるので、ちょっと書いてみました。

「30歳くらいになって、仕事はおもしろくないし、収入もそれほど期待できない
という状況で、転職の機会に恵まれたとします。もし私がそのような立場に
立たされたら、積極的に転職するでしょうね。
やっている仕事が自分に合わない、お金も貯まらない、社会的地位も望めないと
思ったら、すぐに方向転換します。何よりたいせつなのは、『いつがチャンスか』
『何がチャンスか』を見きわめることです。『いつかくるだろう...』と空想している
だけでは、実現するはずがありません。 『チャンスは前髪でつかめ』というように
、ふだんから『手がかり』を自分で作る努力をしておかないと、新しいチャンスを
つかまえることはできないでしょう」

これは、お金の神様、邱永漢さんの言葉。チャンスの神様は前髪に毛が三本。
後はハゲ。前をさっと通りすぎる。つかめるかどうかが鍵。9年目に入っていた
ミキモトでは、係長になっていました。
仕事は面白かった。社風もいいし、上司にも恵まれていた。が、
「自分はサラリーマンに向かない」と思い始めていました。麻雀、ゴルフ、酒、
すべてダメ。派閥や、先輩後輩関係に疎い。1人で出来るコンサルタントみたいな
仕事に変わろうかなと思っていた矢先、チャンスがきました。
顧客の1人、田端さんから米国企業の在日代表にならないかという話が
持ち込まれたのです。嬉しかったですね。 ミキモト入社後、上智大学で開いていた
夜間社会人英語講座に通いスピーチや経営、国際関係などを学んでいました。
これがよかった。話が来た時、つくづくそう思いました。邱永漢さんがいう
「ふだんから『手がかり』を自分で作る努力をしておくこと」をやっていたからかも
知れません。いつか、幸運の女神は必ず目の前を通り過ぎていきます。
前は毛が3本、後はハゲ。

少くして学べば壮にして為すあり
壮にして学べば老にして衰えず
老いて学べば死して朽ちず
(佐藤一斎)

2008年


 エッセイ集へ