ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) お笑い処(動画)
テキストがない研修 タブラ演奏(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





日本の将来を思うとき、この言葉の重みを感じる。
世界の平和、秩序を願う前にまず自国を治めること。国を治めるには、
家庭を整える。 そのためには、ひとりひとりが身を修めること。
中国の古典「大学」からの、抜粋。

世界はいま混沌の中にいる。中東での内乱と宗教戦争、欧米の経済危機、
日本の大震災。未曾有の出来事が次々に襲う。わが国の政治は、
依然前に進んでいない。べき論を言うのは容易い。批判は行動を
伴わないから、誰にも出来る。問題は抽象論から具体論へ、
自分は日本の将来のために、「今・ここで」何が出来るかである。
修身斉家治国平天下の順番で言えば、修身と斉家が最初のステップだ。

キーワードは「凡事徹底」。平凡なことを、徹底して、10年以上続けること。
鍵山秀三郎氏の教えだ。便所掃除、履物をそろえる、笑顔で返事をする。
なぜ、修身斉家が凡事徹底か。理屈では説明できない。
17年の継続がそう言わせるのだ。理屈をいう前に、今日から「凡事徹底」を
始めてほしい。帰ったら、心をこめて、自分と家族の履物をそろえよう。
それが、世界につながる。


今、ここで                    作 Toshi 
2011年


 エッセイ集へ