ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) お笑い処(動画)
テキストがない研修 タブラ演奏(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





戦争はなぜ起きるのでしょう?

理由は「オスの権力争い」。戦争はおとこが始めます。おんなが始めたっていう話は聞いたことがありません。そういえば、こどもの頃から男は「戦争ごっご」、女は「ままごと」をして遊んでいました。男は本能的に「戦う」のが好きなのです。
動物の世界もそう。オスは縄張りを守るために命をかけ、マーキングをし、
侵入してきた敵と戦います。集団や家族の餌を確保するためです。
干ばつが起こり、餌が少なくなると「縄張りを広げる戦い」も始めます。

でもそれは「食料を確保し、生きるため」。人間だけです。
自分の「権力や欲望」のために、縄張り争いを始めるのは。国境の紛争も、
やくざの縄張り争いも同じ。独裁者や親分の「権力誇示や拡大」のために
起こります。一般の国民は平和を願っているのに、上の方で始める。
動物も人間も戦います。でも決定的に違うのは、動物は武器を持たない。
必要以上に殺さない。

戦争をなくすのは簡単。武器を使わず、頭をつかう、塚原卜伝「無手勝流」。


無手勝流                    作 Toshi 
2015年


 エッセイ集へ