ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) お笑い処(動画)
テキストがない研修 タブラ演奏(動画) TOSHI流 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





還暦を迎えたら急に同窓会が多くなった。
小学校、中学校、高校、大学。今年すでに4回も開かれぼくは全部出席、皆勤賞。
一瞬、「誰?」と思うような激変野郎もいるが、話してみると昔の顔が浮かんできて
「おー 嫌な性格はあまり変わってないのぉー」と安堵する。逢うとどうしても頭の方に目がいく。
最近、オーストラリアの原住民が使っている秘薬配合育毛クリームを手に入れて(名前は教えない
よぉーだ)毛のこしが強くなり、 シラガも目立たなくなったぼくは密かに勝負する。
相手がはげのときは完勝。あってもこしなしは勝ち。白髪ふさふさには負け。
まれに若布の食い過ぎで黒髪ふさふさがいる。そのときは完敗。現在までは15勝7敗。わーーい。

あとは病歴で勝負だ。ぼくは手術2回。盲腸と痔ろうだ。
前者は軽症であまり威張れた内容ではないが、後者は前のエッセイ集にも書いたがかなりの戦歴。
しかし.... 癌、脳梗塞、心臓発作、前立腺肥大....などの病歴者にはかなわない。
負け。あれぇ 本当は勝ったのかな? まあ いいや。大きく勝負を考えると、
同窓会に出られる人は 勝ち組。出られない人は負け組。

あるとき大学時代のクラスメートが4人集まった。「どうしたらうまく年を取れるか?」 がテーマになった。
ぼくはいった。「汚らしいジジイにはなりたくねぇな...」皆うなずく。
飛行機のうまい着陸のようにソフトランディング出来ないだろうか....
そうだ我々の会をSLCと名づけて「かっこいいジジイ」を目指そう! エイエイオーと気炎を上げた。
そのためには3つのポイントがある。とぼくは重々しく話しを続ける。
1 品性を保つこと 2 おしゃれをする 3 恋をする。
ここのところは重要なのでひとつひとつ具体的に事例を挙げよう。

1だが、昔ボランティアでボケ老人に話し方を教えたことがある。そこで見てしまったのだ。
老人Hがボランティアの若い女性の手を握り、お尻を触っているのを...
小説「少年H」とはあまりの差。それにこの老人、人のおせんべいまで食べようとする。ぼくは戒めた。
老人になっても、お尻を触ったり、人のおせんべいを食べないようにしようと。

2は、アメリカのジジイたちに刺激を受けた。なんかかっこいいのだ。
3代BROOKS BROTHERSなんていうお洒落ファミリーがいる。ゴルフ場でも原色をさりげなく
着こなしている。なるべくイトーヨーカ堂では買わないようにしよう!きれいな色を着ようと呼びかけた。

3は恋。これはちょっときびしい。相手がいないと出来ないから...渡辺淳一の小説みたいにいくと
いいのですがぁー...えーーと...ぼくの場合は失楽園にならないで、孫と後楽園に
行ってしまったのですぅーー。 ただ夢と希望は持ち続けたい!この項、歯切れがわるいなぁー
そうだまだ具体的な事例がないのだ...だからだ....

というわけでSLCは一応発足しました。最後にここでSLCの女性会員を募集します。
60歳以上のジジイと交際してみたいと思う方、事務局のほうにぼくの携帯番号を知らせてありますので
連絡をまっています。ひひひひ。

2004年



 エッセイ集へ