ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) ロータリー留学
仮説と検証 Haruo&Happy(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





  思えば長い付き合いだった。35年にもなろうか。初めて出会ったのは学生の頃。
そのころは多少の波風、すれ違いなどがなかったわけではないが小康をたもっていた。
だが、それもアメリカの会社に入る前まで。仕事柄、頻繁に飛行機にのり長距離のドライブを
しなければいけなくなると、とたんに奴は暴れだした。変なときに急に顔を出す。キレる。
神経にさわる行動をする。修羅場も経験した。鈍痛、激痛、偏尻痛(こんな言葉ないか・・・)鮮血、
歩行困難、登社拒否、体内暴力。このままではダメになる・・・
僕の人生は奴によってズタズタにされる・・・僕は悩んだ。しかし奴を他人に見せる勇気がなかった。
若かったし、奴を見せる時の自分の姿を想像しただけで「人間の尊厳」「男としての矜持」
「看護婦への羞恥」「手術による院内感染」「肛門破壊」などの言葉が頭をかすめた。

やはり奴を何とか説得し、この場は何とか収めたい。日本政府も先送りしているではないか。
変な理屈をこねて先送りを重ねた。ではどのように先送りをしたか?

 この後、驚異のスキル、テクニックが明らかに
される。列挙してみる。
初期: メンソレ、オロナイン、ヘモロイドH、
          ひさや大黒堂、マムシ油、ほかほかカイロ
中期: 黒田式光線機、小松式温熱器、ウオシュレット
          あったかマット、磁気布団
いろいろやったが、なんといっても一番良くきいたのは
風呂。一番良くないのは便秘と下痢。
便秘と下痢をしないで風呂で癒す。
この方法で35年、奴の怒りをなんとか
収め続けてきた・・・
かに見えた。ジャーン!
しかし奴はそう単純な玉ではなかった・・・。

  再びジャーン!奴は深く潜行し、地下活動を継続、日本赤軍派と連絡をとりながら
トンネルをほり続けていたのだ。そしてついに、2001年突然「複雑痔ろう」という痔界ではかなり格の上の
長老の座とも言うべき幹部になって出現したのである。
再びジャーン、ジャーン。

 ここまでくると、「先送り」は許されない。公的資金を投入しても何せ相手は
「複雑」という字がついている位だからムリである。 残された道は「対決」「削除」「決別」「離別」「剥離」などでそこには、「交渉」「妥協」「共生」「譲歩」「平和」などという甘い言葉はない。
僕は平蔵のように決心した。「切捨て」である。35年の長い付き合いも今は関係ない。
時代は変わったのだ・・・勝つか負けるかだ。というわけで2001年12月26日15時37分場所は
前田病院。奴と別れた。奴の掘ったトンネルは複雑で曲がりくねっており、手術は難航した。
しかし、美人看護婦チームと有能な医師団のお陰で無事35年の痔史を刻んだ奴は
切り離されてしまったのだった・・・。
(シーン・・・ 少したってバチバチとまばらな拍手)

2003年



 ユーモアエッセー集 目次へ