ホーム
Coaches クラス案内 暗唱(動画) スピーチ(動画) ディベート(動画) ロータリー留学
仮説と検証 Haruo&Happy(動画) ぼんやり塾 スピーチエッセイ集 ディベートエッセイ集 ユーモアエッセイ集





それでは、肯定側から 反対尋問を5分でお願いします。
あれっ 裁判かな? 
検事風ディベーターは目を伏せ
資料を読みながら、暗い声で質問。
相手はどぎまぎして、感情を高ぶらせて答えています。
ちょっと極端ですが、これが日本のディベート風景です。

「それでは首相スピーチをお願いします。」
チャーミングな英国人の女子大生はニコニコしながら、ジョークをいって皆を笑わせました。
論題は「子どもに体罰は必要か」。
急に「ウェーン」といって子どもみたいに泣き出し、お尻をぶたれた子どもの感情を声色で表現。爆笑。
まるでショウを観ているみたいでした。
これは数年前に英国からきたオクスフォードやケンブリッジ大学のトップディベーターのモデルディベート。

日本人には どちらのディベート教育が必要なのでしょう?

前者は裁判。
後者は知的スポーツ。
ぼくがこどもなら「裁判」なんかしたくありません。
負けて惨めな思いをするなんて嫌です。
出来ればゲラゲラ笑いたい。
負けても終わったあとに堅い握手をして相手を讃えたいです。
そしてスポーツのように何回も何回も練習してうまくなりたいと思います。

T&Tは子どもにスピーチ&ディベートを教えているのではありません。
スピーチ&ディベートの練習を通して世界の共通語「ユーモア」のわかる紳士、淑女になって欲しいのです。
子どもに「笑い」「自信」をプレゼントしたいのです。
「笑うSPEECH&DEBATE」を知的スポーツとして日本中に広めたいと思う理由は正にそこにあります。

そのためにはまず隗より始めよ。
学校の先生が生徒とチームを組んで「英国式ディベート」を始めて欲しい。
そしてゲラゲラ笑って欲しい。例えば、「ゴキブリの存在は許せない」とか「マンガを教科書にするべきだ」なんていう題。
盛り上がります。
「笑う」と頭の回転がはやくなり、エネルギーもでてきます。

「ヤッテミセ、イッテキカセテ、サセテミテ、タクサンワラエバ、コドモヨロコブ」

最後にまとめをもう一度。
社会で必要としているのはディベーターではありません。スピーカーでもないです。
ユーモアがあって、あたたかい、スピーチもディベートもできる「コミュニケーター」なのです。


2005年REVISED

 スピーチエッセイ集 目次へ